安全への取り組み

-運輸安全マネジメントー

沖縄リムジンバス株式会社は、2021年度運輸安全マネジメントに関する取組みについて、次のとおり旅客輸送の安全に関する公表を行っております。

1. 旅客輸送の安全に関する基本的な方針

  • 社長は、旅客輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、
  • 乗務員に旅客輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  • また、社内において旅客輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行する事により、
  • 絶えず旅客輸送の安全性の向上に努めます。
  • 運輸安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、
  • PDCAサイクルの徹底により、継続的に見直しと改善に努めます。

2・事故に関する統計

  • 令和2年度の有責・非責事故は0件でした。
    令和3年度も引き続き有責・非責事故0件を目標に致します。

3. 旅客輸送の安全に関する目標

  • ①後退時の事故撲滅
    ②オーバーハングによる振り出し事故撲滅
    ③乗務中の携帯電話の使用禁止の徹底
    ④染症対策の徹底

4・輸送の安全に関する教育及び研修の実施

  • 乗務員教育毎月1回開催
    事故惹起者の再教育

5・輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • 令和2年度に講じた措置
    交通事故情報を共有化して活用。
    運転者に対して行う一般的な指導監督 13 項目を1年間通して計画的に指導教育を実施。
    運転乗務中の携帯電話等の使用禁止の徹底。
    点呼時の検温の徹底。
    乗務訓練の強化。
    感染症対策のため客席にアクリル板及び消毒液の設置を実施。
  • 令和3年度に講じようとする措置 上記に加え、以下の項目を追加します。
    感染症対策の更なる強化を図る。

6・輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

  • 内部監査は毎年1回実施しており、不備がある項目は改善をしております。

7. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

  • 0件

  • 弊社はこれまで、自動車事故報告規則第2条に該当する事故は発生しておりません。

8. 行政処分内容

  • 弊社は令和2年度において行政処分等はうけておりません。
  • 安全管理規定を確認

-安全への取り組みー

安全・安心を最優先し、様々な教育・訓練を充実させ、更なる安全性向上を図っています。
入社時研修と別に、毎月定期的な研修を実施することで安全対策を再度理解し、意識の向上に努めています。

月別研修内容一例

1月 事業用自動車を運転する場合の心構え
点呼の重要性
2月 事業用自動車の運行の安全及び旅客の安全を確保するために遵守すべき基本的事項
乗務記録の記載について
運行前点検票の記載方法について
3月 事業用自動車の構造上の特性
夏の交通安全県民運動について
運行記録計の取り扱いとチャート紙の分析結果の指導
4月 乗車中の旅客の安全を確保するために留意すべき事項
事故発生時の措置
5月 旅客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項
乗務員安全服務規律
6月 主として運行する路線若しくは経路又は営業区域における道路及び交通の状況
接客マナーについて
7月 危険の予測及び回避並びに緊急時における対応方法
飲酒運転の危険性について
8月 運転者の運転適性に応じた安全運転
事故防止と安全運転について
9月 交通事故に関わる運転者の心理的要因及びこれらへの対処方法
秋の交通安全運動について
車両故障と発見について
10月 健康管理の重要性
安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法
11月 ドライブレコーダーの記録を利用した運転者の運転適性に応じた安全運転
非常用信号具・消火器の取り扱い
12月 ドライブレコーダーの記録を活用したヒヤリ・ハット体験等の自社内での共有
年末年始の輸送安全総点検の実施について
年末年始の交通安全県民運動について